スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

がんばり中

2005.12.22 *Thu
あぁぁ~、また数日間開いてしまいました(^^;
もう数日前になりますが、犬のしつけについての本が
日本から届いたので、それを読んだりしながら
ぽんとの付き合い、がんばっております~。

と、フト気付いたら、今日はぽんの満9ヶ月の誕生日!
いよいよ10ヶ月目に入るのか・・・(´▽`)



先週「悩み中」の日記を書いてから、意識的に優しく接する
ようにしてるんですが、あれから約1週間・・・
一番ひどかった頃は、仰向けになったぽんに触ろうとしたら
咬まれたこともあった(涙)ほどだったんですけど
最近は、以前のように、気持ちよさげに撫でられてくれる
ようになってきました!(まだ私はちょっと緊張してるん
ですけど・・・今撫でてもいいのかな?って感じで(^^;)
 
しつけの本を読んでいて改めて思ったんですけど、
ぽんの咬みつきはやっぱり、私やボスの対応を警戒しての
自己防衛から出たものだったみたいだなぁ、って・・・。
別に、体罰をしたりしたことはなかったんですけど
今まで私は、中型犬以上の大きさの犬としか
身近に接したことがなかったので、
もしかしたらぽんにとっては荒っぽい扱い方だったのかも。
帰国準備のためなので仕方なかったとはいっても
嫌がるぽんにいろんな無理強いをしたこともあったし・・・。
(多分それが一番のトラウマになってるような気が)

そういえば・・・その本の中に、
興奮して噛みつかせる遊び(タオルの引っ張りっことか)を
したり、クッションなどを噛んで振り回す行動を許すことは
「噛みつきの強化」になっているのでやめましょう、
って書いてあったんですけど・・・思わず(=◇=;) ギクッ。
そういう遊び、思いっきりやってたよなーと回想・・・。
引っ張りっこしても、最後にオモチャを犬に奪われる形で
終わらせなければいいのかと思ってました(^▽^;)
でも、そういう歯を使う遊びを通して「歯を立てる」ことを
覚えてしまう子っているんだそうです~。なるほど・・・。
も、もしかして常識?全然知りませんでしたっ(^^;;;;

とりあえず、これまで散々してきた「引っ張りっこ遊び」は
封印してみることにしました。仮に効果がなかったとしても、
悪化することもないと思ったので。
今のところ、1週間程度経過したわけですけど、
前は「持って来い」をしてオモチャを持って帰ってきても
私に渡すときに今度は「引っ張りっこ」がしたくて
歯を食いしばってなかなか離さなかったのが(私も
引っ張りっこに応じてたんですけど(^^;)、
ここ数日は「出して」って言うと、しぶしぶながら
前よりは素直に離すようになってはきました。
さ~、これからどうなるかな?
でも、とにかく前よりは穏やかなぽんになってきて
くれているようなので、このままの感じでがんばるぞー!
EDIT | 



Copyright © ちょこどり All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

里親募集中



はるの保護主さんのサイトです。
かわいい猫たちがご縁を求めて待ってます。
↓詳細はサイトをご覧下さい。




登場人物

ぽん(♂)
つっきー(♂)
はる(♀)
     ...プロフ詳細≫

 ボス……一家の大黒柱(♂)

 はらだ…ここの管理人(♀)

LiveTV!!…一時休止中

blogram投票ボタン




誕生日






アーカイブ&カテゴリー

2005年5月/ぽん登場
2007年2月/つっきー登場
2008年12月/はる登場
※05年5月~06年12月は旧ブログ時代のダイジェストです

 




おすすめブログ

Powered By 画RSS






「ムらじん」


楽しくマジメに「食」を考えるフリーマガジン(年8回発行)やってます。配布に協力してくださる方募集中。30部から、無料でお届けします(少数部もご相談ください)。興味のある方、覗いてみてください。




Amazon

絵本・児童書大好きなはらだのオススメ(絵本以外も混じってます)(^.^)
絞ったけど70冊くらいになっちゃいました(^^; ランダムに表示されます。




メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログ内検索






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。